[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ライナ自動配車クラウドとムーボ・フリートが連携

2021年1月25日 (月)

(出所:ライナロジクス)

サービス・商品ライナロジクス(千葉県市川市)は25日、同社のAI自動配車システム「LYNA自動配車クラウド」(ライナ)がHacobu(ハコブ、東京都港区)の動態管理サービス「MOVO Fleet」(ムーボ・フリート)のサービス連携を開始すると発表した。

ライナ自動配車クラウドは配車計画に特化した自動配車システムで、AIを用いて最適な車両台数と配送ルートを瞬時に算出するサービス。一方、ハコブのムーボ・フリートは物流に特化したテレマティクスサービスで、輸送車両がいつどこを走行しているか、GPSで把握できる。

サービス連携により、ライナ自動配車クラウドで作成した配車計画のデータを出力し、そのままムーボ・フリートに取り込むことで、配車計画作成から輸送車両の動態管理までを一気通貫して行うことができるようになる。これにより、配車や運行管理の担当者は両サービスを併用して業務負担の軽減が見込めるほか、配車担当と運行管理を別の担当者が受け持っている場合はコミュニケーションコストの削減につなげることが可能。

すでにライナ自動配車クラウドを利用している場合、ムーボ・フリートを併用することで瞬時に配車計画を動態管理側へ取り込み、配送状況の管理を行うことができる。またムーボ・フリートの利用者はライナ自動配車クラウドを併用することで、配送計画作成時間の短縮と動態管理システムへの反映の時間短縮が見込める。

両社は今後、ライナ自動配車クラウドとハコブのトラック予約受付サービス「MOVO Berth」(ムーボ・バース)との連携も開発を進める考え。