[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

SGモータース、ボトラーカー仕様の代車を拠点配備

2012年12月17日 (月)
富士工場で完成したボトラーカー代車

富士工場で完成したボトラーカー代車

話題SGホールディングスは17日、車両整備子会社のSGモータースが今月から、ボトラーカー仕様の代車を全国主要拠点に配備すると発表した。

ボトラーカーの整備業界では、代車の配備がほとんどなく、急な故障やトラブルで修理に出す際や、定期点検や車検時でも車両が不足することが問題となっていた。

こうした場合に、飲料ベンダーは荷台容積が小さいワンボックス車などで対応しているが、ドライバーにとっては不便であり、担当者も車両手配に苦慮していることから、中古車にボトラーカーボディを搭載した代車を製造し、関東地区、名古屋、関西地区、広島、高松、福岡の全国6拠点にに配備することにしたもの。

これにより、顧客の飲料ベンダーは、急な故障や車検の場合でも、通常通り業務を継続することができるほか、ワンボックス車使用時での積載効率低下を防ぐとともに、予備車の費用負担を軽減することができる。

同社が拠点に配備するのは、2トンショート(荷台長3.3m)が2台、2トンロング(荷台長4.3m)が5台で、ボトラーカー代車は自家用登録のため、運送事業者へは貸し出しができない。