[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

イオン、ローソンなど15社、”製配販”連携の取組み開始

2010年12月1日 (水)

荷主財団法人流通経済研究所と財団法人流通システム開発センターは11月30日、消費財流通メーカー・卸売・小売業15社が主体となった、流通効率化に向けた取り組みの開始を発表した。

 

返品の削減対策など、3つのテーマで製・配・販各社が参加するワーキンググループで検討し、来年春をめどに開催するフォーラムで成果を発表するとともに、業界全体への波及に努める。

 

15社はことし5月、経営者らが参加する準備会合を開催。これまでに3回の準備会合を経て、「豊かな国民生活に貢献するためのビジョン」を作成するとともに、協働して取り組むテーマを検討してきた。

 

15社による具体的な取り組みとして選定した協働テーマは「返品削減(廃棄ロスの削減)」「配送最適化(物流に係る環境負荷・コストの軽減)」「業界でのシステム標準(流通BMS)の推進」――の3テーマで、それぞれワーキンググループを設置し、ガイドラインの策定などを目指して検討を行っている。

 

■取り組みへの参加企業15社
製造業:味の素、花王、キリンビール、資生堂、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン
卸売業:あらた、国分、菱食、Paltac
小売業:イオンリテール、イトーヨーカ堂、マツモトキヨシホールディングス、ヤオコー、ライフコーポレーション、ローソン