[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日精樹脂工業、本社工場2棟で太陽光発電開始

2013年8月29日 (木)

アパレル射出成形機メーカーの日精樹脂工業(長野県埴科郡坂城町)は28日、本社敷地内の工場2棟の屋上で太陽光発電システムの設置を完了し、23日に発電を開始した、と発表した。

今回の太陽光発電システムは、創業65周年記念事業(昨年10月)の一環として、再生可能エネルギーを積極的に活用して環境負荷の低減を図る取り組みで、本社敷地内の第7、8工場の屋上に3520枚の太陽光パネルを敷設した。

発電能力は500kW、年間想定発電量は60万5000キロワット時となっており、一般家庭180世帯の年間消費電力に相当する。また、年間275トンのCO2排出量(同社CO2排出量の7-8%に相当)を削減する効果を見込む。