ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東武鉄道の忘れ物集約13駅でマモリオスポット導入

2017年8月8日 (火)
空白

EC東武鉄道は9日、MAMORIO(マモリオ、東京都千代田区)と協力し、東武線内の忘れ物集約駅13駅で位置情報を発信するタグ「MAMORIO」(マモリオ)と、それを受信する「MAMORIOスポット」(マモリオスポット)を利用した「お忘れ物自動通知サービス」の試験運用を開始する。

顧客が地震で忘れ物を探せるようにするために導入するもので、あらかじめ取り付けたマモリオが発信する位置情報を、マモリオスポットが受信すると、専用アプリがインストールされた持ち主のスマートフォンに、忘れ物の位置情報が通知される。

スポットは東武鉄道の忘れ物を集約する13駅に設置し、その中には観光拠点の浅草、東武日光、池袋、川越市も含まれる。東武鉄道以外の首都圏鉄道各社や商業施設でも導入が進んでおり、同社以外のスポットに忘れ物が届けられた場合でも、その位置情報が通知される。

マモリオはオンラインショップ、大手家電量販店、大手百貨店などで1個3780円(税込)で販売している。