[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

川崎重工、B787の増産対応向けオートクレープ出荷

2014年9月12日 (金)

荷主川崎重工、B787の増産対応向けオートクレープ出荷川崎重工業は12日、米ボーイング社の最新旅客機「787ドリームライナー」の増産に対応するため、世界最大級のオートクレーブ(複合材硬化炉)を播磨工場(兵庫県播磨町)で完成し、航空機製品の生産・組立を行う名古屋第一工場(愛知県弥富市)に向けて出荷すると発表した。

今年度末に竣工する名古屋第一工場の新工場に2号炉として導入される。

完成したオートクレーブは直径9メートル、全長30メートル、総重量920トンと世界最大級で、同社グループの川崎エンジニアリングが設計をまとめ、同社が組立・製作した。同社はボーイング787の生産で前部胴体、主脚格納部、主翼固定後縁を担当している。

同社は、ボーイング787向け製品の工場(名古屋第一工場北工場)を2006年7月に、増産用工場(南工場)を10年3月に竣工して生産を進めており、建設中の新工場では増産、派生型機「787-10型」の生産開始に向け、生産能力の増強を行う。