[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ライフシングス、ブランドとバイヤーのマッチングサービス開始

2015年3月23日 (月)

アパレルライフシングス、ブランドとバイヤーのマッチングサービス開始オリジナルアパレルブランドの企画やウェブサービス事業を手がけるLifethings(ライフシングス、東京都渋谷区)は23日、バイヤーとブランドが出会えるプラットフォーム「The SHIFT」(ザ・シフト)の提供を開始した。

これまで、ブランドが新規販路を開拓する際は展示会に参加して新規のバイヤーに出会うか、ショップに飛び込み営業をかける必要があった。バイヤーは短い展示会シーズンの間に取引ブランドの最新サンプルを確認し、買い付けの可否を判断してきたが、必ずしも時間をかけて新規ブランドを開拓する時間がとれないのが実情。

こうしたバイヤーとブランド側のミスマッチに着目して立ち上げたのがザ・シフトで、サービスは、買い付けが発生した時に手数料を支払う成果報酬型。ライフシングスは「ブランドはバイヤーと接点を持つための多額な先行投資がなくなり、その分商品開発に予算を集中できる」と効果を説明している。

また、ウェブを使うことで東京を拠点にしているバイヤー、地方・海外を拠点にしているバイヤーがいずれも場所の制約を受けずに買い付けを行うことが可能になる。ブランドはサンプルをライフシングス指定の倉庫に預けることができ、サンプルを預けておくことで、バイヤーはウェブでサンプルの実物を見たい時に自由に取り寄せて買い付けの可否を判断できる。

年2回の展示会シーズンにとらわれずに買い付けできるのもメリット。ファッションのサイクルは年々短くなっており、半年後の売れ筋を予測しながら一括で買い付けを行うのはリスクが大きくなってきていることから、同サービスを利用することで、買い付けと販売のタイムラグを短くすることにつながる。

バイヤーの利用料は無料で、サンプル取り寄せ時のみ配送料を一部負担する必要がある。ブランド側は買い付け発生時に卸価格の5%の手数料を支払うほか、サンプルを預ける場合は倉庫への保管料・配送料を負担する。

■ザ・シフトのURL
http://promotion.the-shift.info/