[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ブラジル沖産原油輸送に投入、最長20年の契約

日本郵船、シャトルタンカー1隻の定期用船契約

2015年6月18日 (木)

ロジスティクス日本郵船は18日、同社が50%出資するクヌッツェンNYKオフショア・タンカーズ社(ノルウェー・ハウゲスン)がブラジル・シッピング・ワン・リミテッド社とシャトルタンカー1隻の定期用船契約を締結した、と発表した。

ブラジル・シッピング・ワン・リミテッド社は英国のガス事業会社、BGグループの子会社で、契約は昨年9月に締結した2隻の定期用船契約に続くもの。2017年第2四半期から輸送を開始、契約期間は最長で20年間となる。BGグループはブラジル海域で油田・ガス田権益を保有するメジャープレーヤーの1つ。

今回の契約に基づき、ブラジル海域で産出される原油をシャトル輸送するため、現代重工業で建造される高性能な自動船位保持機能(ダイナミック・ポジショニング・システム)搭載の15万8000重量トン型スエズマックス・タンカーを投入する。

これによりクヌッツェンNYKオフショア・タンカーズ社傘下のシャトルタンカーは発注残を含め、32隻となった。