[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

欧州の大手石油会社と17年から11年間

日本郵船、シャトルタンカー1隻の定期用船契約を締結

2015年1月16日 (金)

ロジスティクス日本郵船は16日、同社が50%出資するクヌッツェンNYKオフショア・タンカーズ(ノルウェー・ハウゲスン、KNOT)のグループ会社が、欧州の大手石油会社とシャトルタンカー1隻の定期用船契約を締結した、と発表した。

2017年に開始し、最長で11年となるこの契約には、中国のCOSCO舟山造船所で建造される15万2000トン型スエズマックスを投入、ブラジル沖サントス・カンポス海盆で産出される原油のシャトル輸送をする。

これにより、KNOTグループ傘下のシャトルタンカーは発注残を含め31隻となる。今後は北海、ブラジル沖、カナダ東部沖の海洋油田からの原油輸送を中心に、シャトルタンカー事業を拡大する。