[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

旭化成せんい、延岡でベンリーゼの生産設備増強

2015年7月9日 (木)

拠点・施設旭化成せんい(大阪市北区)は9日、宮崎県延岡市で再生セルロース(キュプラ)長繊維不織布「ベンリーゼ」の生産設備を増設すると発表した。

ベンリーゼは、コットンリンターを原料とする世界唯一の再生セルロース(キュプラ)長繊維不織布で、スキンケア、メディカル、工業・産業用ワイパー、資材・家庭用品など幅広い用途に向け国内外で事業を展開している。

近年、スキンケア用途などを中心に販売量が増加し、今後もさらに需要の拡大が見込まれることから、設備の増設を決めた。

■増設の概要
立地:宮崎県延岡市(旧エステル工場跡地内に建設)
生産品目:再生セルロース長繊維不織布「ベンリーゼ」
増設能力:年産1500トン
工期:2015年12月着工、2017年3月稼働開始