[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

NSスチレンモノマー、定温倉庫で破裂事故

2011年11月25日 (金)

アパレル新日鉄化学が51%を出資するNSスチレンモノマー(東京都千代田区)は25日、同社大分製造所内の定温倉庫で発生したと発表した。

 

事故は大分市の大分石油化学コンビナートにあるNSスチレンモノマー大分製造所の定温倉庫で、25日午前2時過ぎに破裂音が発生。消防署へ通報するとともに、2時28分から鎮静化活動を開始し、9時25分に鎮静化を確認した。

 

原因は現在調査中で、人的被害は発生していない。ジビニルベンゼン中間油ほか約5トンを損失した。製品供給への影響は「確認中」としている。ジビニルベンゼンは可燃性の液体で、イオン交換樹脂などの副原料として使用されている。