[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三井造船、高曳船能力持つタグボート完成

2016年9月28日 (水)

荷主三井造船、高い曳船能力のタグボート完成三井造船は27日、傘下の新潟造船が高い曳船能力を持つタグボート「ALP STRIKER」を12日に完成し、オランダのALP STRIKER社に引渡したと発表した。

同船は4隻シリーズの第1船で、最大速力19.16ノット、航海速力13ノット、曳航能力309.6トンの能力を持つ海洋支援船。浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備、浮体式LNG生産設備、リグなどの大型海上構造物を曳航して45日間の連続航海が可能となっている。来年春までに4隻全てを竣工し、引き渡しを行う。

■主要目
全長:88.5メートル
幅(型):21メートル
深さ(型):9.5メートル
総トン数:5901トン
載荷重量:4230トン
船級:DNV-GL
主機関:4500キロワットx4機
推進器:固定ノズル付4翼5000ミリメートル、可変ピッチプロペラx2基
サイド・スラスター:4基(船首2基、船尾2基)
定員:35人