[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

大王製紙、家庭紙増産へ埼玉にも新工場

2016年10月26日 (水)

拠点・施設大王製紙は25日、ディッシュやキッチンペーパーなどの安定供給体制を強化するため、5月27日に家庭紙生産設備を現在休止中の川之江工場(愛媛県四国中央市)に建設する計画をしていたが、新たに埼玉県行田市にも製品加工工場を設けると発表した。

これに伴い当初予定していた投資額を210億円から240億円へと引き上げる。家庭紙の月産能力は4500トンを見込んでおり、2018年10月の稼働を目指す。

投資額の増額は、さらなる高付加価値品の生産体制強化と首都圏への加工工場新設を計画したことによるもの。川之江工場は、三島工場に隣接しており、三島工場から供給されるコスト競争力の高いパルプ・エネルギーを使用。また、最も需要の多い首都圏には行田市に製品加工工場を新設し、すばやく提供できる体制を構築する。

■新設工場計画の概要
生産品種:ティッシュ、トイレットロール、キッチンペーパーなど
生産能力:月産4500トン
設備投資額:240億円
設置場所:愛媛県四国中央市(川之江工場)、埼玉県行田市(製品加工工場)
営業運転開始日:2018年10月