[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱地所、千葉・習志野に3.9万m2のマルチ型物流施設着工

2017年5月15日 (月)
空白

拠点・施設三菱地所は15日、千葉県習志野市で計画を進めていた延床面積3万9100平方メートルのマルチテナント型物流施設「ロジクロス習志野」に同日から着工したと発表した。来年3月の竣工を目指す。

この計画は、同社単独開発の物流施設としては「ロジクロス福岡久山」「ロジクロス厚木」「ロジクロス神戸三田」に続く第4弾。

ロジクロス習志野は、千葉湾岸エリアの主要幹線道路である国道357号線に近く、湾岸線を利用した都心向け配送や東関東自動車道・京葉道路を利用した広域配送も可能な立地。さらに計画地はJR京葉線「新習志野」駅から徒歩5分とアクセスに優れており、雇用を確保しやすい。

施設は床荷重1平方メートルあたり1.5トン、梁下天井有効高5.5メートル以上、柱スパン10メートル以上、全館LED対応と、汎用性の高い仕様とする。

1階に大型トラックが着車可能なトラックバースを敷地南北の両面に設置。貸付区画は最大3区画まで分割対応が可能とする。各区画に荷物用エレベーター、垂直搬送機をそれぞれ1基設置し、効率的な物流オペレーションをサポートする。

こうした立地条件や施設計画が評価され、サブリース事業を手がける日本リアリスト(東京都中央区)と全棟賃貸借契約を締結。同社は埼玉・千葉エリアを中心に物流施設のサブリースを展開しており、現在60棟の物流施設を管理している。

■「ロジクロス習志野」概要
所在地:千葉県習志野市茜浜2-19-48
敷地面積:1万9300平方メートル(5830坪)
延床面積:3万9100平方メートル(1万1820坪)
着工:2017年5月15日
竣工:2018年3月