[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

丸全昭和運輸、医薬品向け倉庫温湿度管理システム導入

2017年7月18日 (火)

ロジスティクス丸全昭和運輸はこのほど、レキットベンキーザー・ジャパンの医薬品GDPガイドラインへの対応に向け、医薬品の倉庫保管時の品質維持を目的に、倉庫温湿度管理システムを導入し、運用を開始したと発表した。

システムでは、庫内複数地点の温湿度を測定して随時データセンタに測定データを収集蓄積し、異常監視や常時モニタリングを実施。異常発生時には、倉庫管理者、顧客へ警報が自動通知されるとともに、温湿度の推移をモニタリングし、庫内環境を改善・強化する。

(出所:丸全昭和運輸)