[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

旭化成との協業も

シャープ、輸送中の温湿度管理で新サービス

2021年1月8日 (金)

サービス・商品シャープ傘下のAIoTクラウドは8日、食品や医薬品の物流事業者向けに温湿度管理サービス「LINC(リンク)ビズモビリティ」の提供を開始する。また、旭化成との協業し、リンクビズモビリティを活用して保冷ボックス輸送中の温湿度データを取得したり、鮮度を算出したりといった「本格的なサービス展開」に向けた検証も進める。

食品衛生法の改正により、すべての食品事業者が6月までに食品衛生管理基準のHACCPに沿って、「運搬を含む全工程で衛生管理体制の整備」が義務づけられるほか、医薬品も適正流通(GDP)ガイドラインが公布されるなど、輸送中の温湿度管理の重要性が高まっていることを受け、これまで提供してきた位置情報に温湿度管理機能を追加する。

具体的には、位置情報などのデータを測定できるリンクビズモビリティと温湿度センサーを連携させることで、温湿度センサーが取得したデータをクラウドへ送信するほか、これらのデータを見える化して記録・保管、異常の検出・レポート作成などの機能を一括して提供する。荷物単位の管理にも対応する。

▲温湿度管理ソリューションのイメージ