[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日本特殊陶業、インドで自動車部品生産能力増強

2017年10月19日 (木)
空白

拠点・施設日本特殊陶業は、インドで工場を増築し、自動車用部品の生産能力増強すると発表した。グローバルサプライチェーンの最適化を図る。

スパークプラグの補修市場需要の拡大とインド国内の排ガス規制基準がバーラト・ステージVIへ引き上げられることによる二輪車用酸素センサの需要増加に対応し、インド工場への投資を決定した。また、インド工場の能力増強にあたり、生産拠点の最適化を図った。

今回の投資では、既存工場の敷地内の土地に工場を増築し、スパークプラグ・酸素センサーの生産能力の増強を行い、2018年にはスパークプラグの生産能力を現在から倍増、酸素センサーはインドでの生産を新たに開始する。

設備投資の総額は17億円を見込んでおり、需要拡大に伴い、今後さらなる追加投資も視野に入れる。

■新工場概要
社名:インド特殊陶業
所在地:210, JMD Pacific Square, 32nd Mile Stone, Sector 15, NH-8, Gurugram, Haryana-122001, India
設立:2006年
生産品目:スパークプラグ、二輪車用酸素センサー
建物延床面積:1万5500平方メートル(既存工場4500平方メートル、増築工場1万1000平方メートル)
着工:2017年10月
竣工:2019年12月
投資金額:17億円(建屋・設備)