[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱倉庫、臨床開発最大手と治験薬物流で提携

2010年8月19日 (木)

メディカル三菱倉庫の治験薬物流フロー(クリックで拡大)三菱倉庫は19日、臨床開発世界最大手のアルマック・クリニカル・サービス社(英国)と業務提携することで合意したと発表した。

 

今回の提携は4月に合意したもので、国際共同治験(グローバルスタディ)のための日本での治験薬の保管・交付業務を対象とし、今後、アルマック社の日本での治験薬物流業務を三菱倉庫が行う。

 

三菱倉庫では、これまでも国内外で治験薬物流(保管・交付・回収)業務を取り扱っており、「医薬品物流最大手としての実績が評価された」としている。

 

提供するサービスは、「2-8度を119時間保持可能」といった温度帯別の最新の保冷梱包箱を利用した厳密なコールドチェーンのほか、欧米GMP基準の温度帯別保管庫、湿度管理可能な保管庫、きめ細かな医療機関への治験薬配送業務――など。

 

受託に際し、三菱倉庫は複数の管理薬剤師を中心とした治験薬GMP体制による施設運営、治験薬の専門スタッフによるオペレーション運営を行う。また、症例登録から配送までを管理するため国際共同治験で広く利用されている情報システム「IWRS」(インタラクティブ・ウェブ・レスポンスシステム)を活用する。

 

三菱倉庫の治験薬物流は、厚生労働省の省令改正で治験薬の第三者交付が認められるようになった2008年2月以降、東京・横浜・大阪・神戸の施設で、国内外の大手製薬会社などを対象に保管・交付・回収業務を受託。海外でも、2月から韓国で治験薬の保管・交付業務を行い、来年にはシンガポール、台湾で開始する。