[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

iGOQ、協力会社車両の位置把握も選択可能に

2018年2月26日 (月)

ロジスティクスSBSロジコムは23日、輸送能力のシェアリングと車両・荷物の自動マッチングを目指す「iGOQ」(イゴーク)に配送計画と位置情報を共有する新たな機能を追加した、と発表した。サービス登録者に無償で提供する。

このプラットフォームに参加する物流企業の利便性を高めるために追加したもので、配送計画機能では事務所のPC側Webシステムで作成した計画の内容をドライバーのスマートフォンに表示し、ドライバー側が配送の進捗状況を報告することができる。

計画画面では、ルートの所要時間をシミュレーションしたり、実績を運転日報として出力したりといった利用が可能になる。

■配送計画機能の紹介動画
https://youtu.be/i6_JMt-XWRc

また、位置情報共有機能は自社車両だけでなく、関連会社やパートナー企業の車両の位置情報を共有することが可能で、荷主からの店着時間の問い合わせに素早く対応できるようになる。

例えば協力運送会社とともに荷主からの受託業務にあたっているなどの場合、会社単位ではなく業務単位で複数企業を横断する形で車両位置を共有する、という利用方法が考えられる。

■位置情報共有機能の紹介動画
https://youtu.be/eRMMUDNFojA

■問い合わせ先
iGOQサービスサイト問い合わせフォーム
https://igoq.jp/inquiry

SBSロジコム
輸送営業開発部
TEL:03-3829-3441