[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

トラックカーナビ、ドライバー間の位置共有機能追加

2018年3月9日 (金)

ECナビタイムジャパン(東京都港区)は9日、Android OS向けトラック専用ナビゲーションアプリ「トラックカーナビ」に、ドライバー同士の位置共有ができる機能の提供を同日から開始すると発表した。

この機能は、トラックカーナビを使っているユーザー間で、認証しあって「つながる」ことで、互いの居場所をリアルタイムに地図上で共有できるもの。例えば、会社の同僚や関連する仕事同士で互いの位置を、途中停車して連絡を取り合うことなくスムーズに確認でき、位置情報から到着タイミングや待機箇所を把握する、といった使い方ができる。

ユーザーは、アプリのメニュー画面から「パートナーを登録」ボタンを押下後、ID発行もしくはQRを読み込むことで、最大50人のユーザーをパートナーとして登録して、自分の位置情報を共有したい相手を選択すると、位置情報を共有することができる。任意で、バックグラウンド状態でも継続して共有することが可能。

▲「トラックカーナビ」アプリ内で実施したアンケート結果(出所:ナビタイムジャパン)

ユーザーからの要望が多かった機能で、トラックカーナビアプリ内で実施したアンケートからも回答者の20%が機能追加を希望していることがわかったことから、今回の提供に至った。

今後は、ドライバー間のつながりとコミュニティへの醸成を促進する機能追加を予定している。