[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

uprとNTTコム、物資在庫のクラウド管理で連携

2018年2月27日 (火)

M&Aユーピーアール(upr、東京都千代田区)は27日、物資の在庫把握や入出庫管理などをクラウド上でリアルタイムに管理できるサービス「スマートパレット」を効率的に運用するため、NTTコミュニケーションズのIoTプラットフォームとモバイル通信サービスを導入する。

物流業界では製品を輸送・保管するパレットの紛失問題やハンディスキャナを用いた入出荷作業、目視による棚卸業務作業など倉庫管理のコストが大きな課題となっている。

uprは入出荷時間や正確な在庫データをリアルタイムに把握できるクラウド型パレット管理サービス「スマートパレット」を920MHzアクティブRFIDを活用したサービスとして実用化し、2014年に世界で初めて国内の大手企業に提供した。

これまで自社で運用してきたスマートパレットのパレットごとのデータを収集する基盤に、運用が柔軟なUIや豊富なAPI機能を備えるIoTプラットフォームサービス「Things Cloud」と「OCNモバイルONE」を導入することで、人的作業を自動化し、運用効率を高める。

今後はシステム連携を進めるほか、「なんでも追跡システム」などほかんぽサービスでも物流とIoTを組み合わせ、労働力不足の解消策の一つとして「ロジスティクス4.0」の実現を目指す。