[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

モノオク、物置きのシェアリングにハブ機能

2018年8月1日 (水)

サービス・商品物置きのシェアリングエコノミーサービス「モノオク」を運営するモノオク(東京都杉並区)は1日、新機能として、ユーザーから預けたいというリクエストがあった時点で運営が一時的に荷物の中継地の役割を担う、「モノオクハブ」を6日に実装すると発表した。

モノオクハブは、一時的にユーザーの荷物の中継地をモノオクが担い、ユーザーが希望するエリアと条件が合致するホストをモノオクが探してそこに届けるサービス。「まずは荷物をどうにかしたい」というユーザーのニーズを解決し、さらにユーザーの利便性を向上させる。

まずは、世田谷区のみで提供開始する。