[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

パイオニア、共用車でもドライバーごとの運行管理可能に

2018年10月10日 (水)

サービス・商品パイオニアは10日、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」に、通信ドライブレコーダーとスマートフォン・タブレットが連携し、より高度な運行管理・支援を実現する機能を追加するアップデートを、11月に行うと発表した。

乗車する車両に取付けた通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」と所持するスマホ・タブレットのそれぞれのデータを1人のドライバーに紐づけし、クラウド上で統合・管理できるようになった。これにより、映像を活用した安全運転管理はドライブレコーダーを、コースの指示や動態の入力などはスマホ・タブレットを用いるなど、それぞれの端末の特徴を活かした高度な運行管理・支援を実現する。

具体的には、「コース業務管理」アプリがインストールされたスマホやタブレットで、通信ドライブレコーダーを搭載した車両を移動手段に選択すると、ドライバーと車両が紐づけされるため、共用車でもドライバーごとの運行管理が可能になる。

事故や危険挙動時の動画を自動でアップロードする通信ドライブレコーダーにより、リアルタイムに動画をパソコンで確認することができる。また、急加減速、急ハンドルなどの危険挙動を通信ドライブレコーダーが検知すると音声と画面表示でドライバーに警告するとともに、ドライバー名や日時、車両が記載された通知メールが動画とともに管理者に送信される。危険運転警告を出さないよう事前指導を行うとともに、危険挙動通知メールが届いた際に事後指導を行うシンプルな運用方法で、安全運転対策を継続的に行えるため、事故リスクの低減やドライバーの安全運転意識の向上に貢献する。

パソコン画面上から簡単な操作で最適なコースを作成し、ドライバーが所持するスマホやタブレットに送信することが可能。ドライバーは管理者から送られてきたリストの順番に従い確実に訪問することができる。

走行ログデータやスマホ・タブレットでドライバーが入力した休憩中・待機中といった動態、訪問先ごとに入力したコメント・写真などをもとに、日報を自動的に作成。また、位置や状況を地図上でリアルタイムに把握することもできる。車から徒歩に移動手段が変わっても切れ目のない一元管理が可能となる。