[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ピーステックラボ、家電シェアにヤマトの配送連携API採用

2018年10月26日 (金)

サービス・商品ヤマト運輸は26日、ピーステックラボ(東京都渋谷区)が29日から開始する家電・生活用品のシェアリングサービス「Alice.style」(アリススタイル)に、「配送連携API」が採用されたと発表した。これにより、貸し手と借り手の顧客の配送手配が同サービスのアプリ内で完結できるようになり、より利便性の高いシェアリングを実現する。

▲運用フロー(出所:ヤマト運輸)

アリススタイルで貸し借りが成立すると、貸し手と借り手それぞれに2次元コードを付与する。貸し手は、全国のヤマト運輸の営業所(4000か所)やファミリーマート店舗(1万6500か所)などから、2次元コードをかざすだけで容易に送り状を発送できるようになる。

また、「匿名配送」によって、住所などの個人情報を相手方に知られることなく商品をやり取りできることから、より安心して利用できる。借り手にとっても、商品の使用終了後に貸し手と同様に、付与された2次元コードを使用して簡単に商品を返却できる。運賃の精算はアプリ上で完了しており、商品の発送時には支払いの必要はない。