ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日通1Q、国内部門苦戦し営業益37.5%減

2019年7月31日 (水)

財務・人事日本通運が7月31日に発表した4-6月期(2020年3月期第1四半期)決算は、売上高が0.7%の微増にとどまったのに対し、営業利益は37.5%の減益、最終利益は30.7%の減益となった。

航空輸出貨物の取り扱いは減少、倉庫、自動車運送は堅調に推移したが、日本、東アジアセグメントが減収となった。前年同期からの減益幅は63.8億円だったが、このうち日本セグメントの減益幅は48.5億円と全体の4分の3を占めた。

総人件費は前年同期から56.6億円(8.8%)と大きく増加したが、外注費は8.3億円(0.7%増)と微増に抑えることができた。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高519,758 [0.6%]2,138,501 [7.1%]1,600,724 [8.8%]1,040,335 [8.8%]
営業利益10,629 [-37.5%]79,598 [13.2%]59,446 [16.3%]34,023 [5.5%]
最終利益7,280 [-30.6%]49,330 [654.9%]40,505 [19.1%]23,448 [8.7%]
売上高営業利益率2.0%3.7%3.7%3.3%