ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

NSU海運1Q、外航海運市況影響し減収減益

2019年7月31日 (水)

財務・人事NSユナイテッド海運が7月31日に発表した2020年3月期第1四半期(4-6月期)決算によると、19年1-3月期からの市況回復に時間を要し、主力の外航海運部門が減収減益となったことから、全体では売上高362億4400万円(3.2%減)、営業利益15億2000万円(20%減)の減収減益となった。

部門別では、外航海運部門が部門売上301億3200万円(4%減)、部門利益13億5300万円(7.5%減)の減収減益、内航海運部門が部門売上61億1200万円(2.7%増)、部門利益1億7100万円(63.8%減)の増収減益となった。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高36,244 [-3.2%]151,068 [8.6%]115,824 [11.5%]76,081 [12.3%]
営業利益1,520 [-20%]8,911 [21%]7,229 [10%]4,761 [24.2%]
最終利益1,171 [-2.7%]9,343 [41.2%]7,006 [11.4%]4,392 [19.9%]
売上高営業利益率4.2%5.9%6.2%6.3%