ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

丸和運輸機関1Q、営業利益26.8%増

2019年7月31日 (水)

財務・人事丸和運輸機関が7月31日に発表した4-6月期(2020年3月期第1四半期)決算は、EC・常温物流や食品物流が好調な滑り出しとなり、本業の儲けを示す営業利益が26.8%増(前年同期比)の16億3800万円を確保した。売上高は16.3%増の234億8900万円、四半期最終利益は12.1%増の11億6900万円。

日用雑貨を中心とするEC・常温物流では、「ECラストワンマイル当日配達サービス」の受託エリア、車両稼働台数が段階的に拡大したほか、既存荷主の深堀りによって取引が拡大、34.5%の増収となった。

食品物流は低温食品を中心に、高付加価値3PLを前面に打ち出した物流改革提案で獲得した新規物流センターの通期稼働が段階的に業績に寄与、部門売上を11.6%伸ばした。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高23,489 [16.3%]85,590 [15.1%]63,910 [14.9%]40,870 [14%]
営業利益1,638 [26.7%]5,814 [29%]4,631 [40.5%]2,623 [44.4%]
最終利益1,169 [12%]3,901 [28.1%]3,375 [39%]1,941 [45.2%]
売上高営業利益率7.0%6.8%7.2%6.4%