ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

丸全昭和1Q、物流全部門で増収

2019年8月5日 (月)

財務・人事丸全昭和運輸が5日に発表した2020年3月期第1四半期(4-6月期)決算によると、物流部門のトラック運送・港湾運送・倉庫・鉄道・海運・航空のすべてで増収となり、全体では売上高304億4400万円(前年同期比6.8%増)、営業利益19億7800万円(8.4%増)、経常利益21億8700万円(7.4%増)と増収増益で着地した。港湾運送は、精密機器輸出やステンレス製品の取り扱いが減少したが、6月に国際埠頭を子会社化したことにより増収となった。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高30,444 [6.7%]116,967 [5.6%]87,340 [5.7%]56,840 [4.6%]
営業利益1,978 [8.4%]7,502 [23.1%]5,639 [23.6%]3,511 [18.1%]
最終利益3,523 [112.4%]5,937 [26.3%]4,431 [23.2%]2,794 [15.7%]
売上高営業利益率6.5%6.4%6.5%6.2%