ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

岡山県貨物1Q、適正運賃収受の取り組み結実せず

2019年8月9日 (金)

財務・人事岡山県貨物運送が9日に発表した2020年3月期第1四半期(4-6月期)決算によると、働き方改革を推進しながら、物量の確保、適正運賃収受への取り組みを進めていたが、取り扱い貨物量は前年同期に比べやや減少し、売上高は106億4200万円(0.1%減)、営業利益は5億2200万円(15.3%減)で着地した。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高10,642 [0%]43,314 [3.9%]32,732 [4.5%]21,295 [4.5%]
営業利益522 [-15.3%]1,940 [28.9%]1,631 [17.8%]986 [15.4%]
最終利益381 [-9.7%]1,345 [-7.9%]1,172 [21.5%]711 [19.2%]
売上高営業利益率4.9%4.5%5.0%4.6%