[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマタネ物流部門、拠点費用影響し3Q増収減益

2020年2月7日 (金)

財務・人事ヤマタネが7日発表した2020年3月期第3四半期連結決算によると、同社物流部門の売上高は拠点新設効果で前年同期実績より2.4%多い165億4800万円となったものの、新拠点の一時的な立ち上げ費用が上乗せされたことで、部門利益は18.5%少ない18億4400万円にとどまった。

保管料、運送料収入は拠点増加に伴い堅調、国際業務も海外引っ越し、港湾運送・通関業務が好調に推移した。利益面では荷役、運送関連の下払い費用が増加したほか、拠点立ち上げ費用が減益要因となった。同社物流部門は外部顧客向けの売上高が多いのが特徴で、グループ会社向けの売上は3億円程度となっている。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円)
 20/3/3Q20/3/中間20/3/1Q19/3/通期
売上高41,135 [1.4%]27,693 [1.1%]13,978 [-2.7%]53,442 [-0.3%]
営業利益2,628 [-39.8%]1,923 [-42.6%]949 [-58.2%]5,353 [16%]
最終利益1,568 [-34.9%]1,094 [-39.6%]496 [-53.5%]2,213 [-13%]
売上高営業利益率6.4%6.9%6.8%10.0%