ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

Hacobu「ムーボバース」とライナロジクス「ライナクラウド」がAPI連携

AIがバースを予約、自動作成の配送計画に反映

2020年4月16日 (木)

M&AHacobu(ハコブ、東京都港区)とライナロジクス(千葉県市川市)は15日、両社が業務提携を開始し、ハコブの物流情報プラットフォーム「MOVO」(ムーボ)と、ライナロジクスのAI自動配車システム「LYNA CLOUD」(ライナクラウド)がAPI連携を進めることを発表した。

両社はAPI連携の第1弾として、年内に「ムーボ」の機能の1つであるトラック予約受付システム「ムーボ・バース」を「ライナクラウド」に連携。配送オーダーを受けたAIが、物流施設のバースの空き状況を加味した配送計画を自動で作成できるようになる。

具体的には、「ムーボ」上に公開されている物流施設のバースの空き状況をAIが照会し、必要に応じて予約を行った上で、配送計画を作成。空き状況が公開されていない場合には、計画に基づいてバース予約の希望時間を登録し、時間が確定した段階で必要に応じて配送計画を練り直す。

▲連携のイメージ図(出所:ハコブ)

トラック予約システムは、ドライバーの待機時間削減と庫内作業の効率化に貢献し、自動配車システムは運行管理者の作業工数の削減と輸送時間の最適化に貢献するものだが、両者が連携して相乗効果を生み出すことで配送業務と庫内作業の効率が飛躍的に高まることが期待されている。

ハコブは今後、動態管理サービスの「ムーボ・フリート」と配送案件管理サービス「ムーボ・ビスタ」でも連携を行うことを明らかにしており、業界全体の最適化のためにライナロジクスと相互に連携、協力を続ける。