[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ネオ・ウィング、日立物流とEC物流代行サービス提供

2020年6月23日 (火)

EC越境ECサイト「CDJapan」(CDジャパン)を運営するネオ・ウィング(東京中央区)は23日、国内配送だけでなく世界150か国への配送にも対応するクラウド型物流代行サービス「NEO logi」(ネオロジ)を日立物流傘下の日立物流中部と共同開発し、提供を開始したと発表した。

(出所:ネオ・ウィング)

同サービスは、EC事業者が利用した分だけ料金を支払う完全従量制を採用しており、60サイズの宅配便は1注文670円(税別)から利用可能。同社が宅配会社と結んでいる契約配送料を適用できるため、EC事業者が個別に宅配会社と配送契約する必要がなく、物流作業費と配送費を合わせたパッケージ価格で利用することができる。

また、同社は業務委託先である日立物流中部と、過型・在庫型の両方に対応したハイブリッド物流システムを構築しており、当日入庫・当日出荷にも対応。日立物流中部の「効率的で高品質な物流サービス」によってリードタイムの短縮を実現した。

(出所:ネオ・ウィング)

海外向けの出荷には、国ごとに異なる書類作成や日々変更される通関ルールへの対応など、多くの煩雑な作業が発生するが、同社では越境ECサイトを20年以上運営してきたノウハウを生かし、海外出荷手数料を1注文300円(税別・海外送料別)で提供。配送方法は、DHL、FedEx、EMS、AIRMAIL、SALの5つのキャリアから選択することができる。

(出所:ネオ・ウィング)

出荷・在庫管理には、クラウド型の専用システムを用意しており、出荷作業に必要な倉庫とのやり取りはウェブ上で完結。倉庫に保管されている在庫データは専用システムに毎日反映される仕様となっている。

また、同社はサービス提供開始に合わせてネットショップ作成サービス「BASE」(ベイス)とサービス連携したことを発表。ベイスで作成されたネットショップは、海外向けの物流に関するサポート業務をすべてアウトソーシングすることができるようになった。今後はベイス以外のECシステムともサービス連携を進め、「越境ECにチャレンジする企業や、インバウンド需要を取り込みたい企業に対して総合的な越境販売支援を提供していく」という。

■国内出荷料金

(出所:ネオ・ウィング)