[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

マルハニチロ物流事業、コスト節減で1Q増益

2020年8月3日 (月)

財務・人事マルハニチロが3日に発表した2021年3月期第1四半期(4-6月)連結決算によると、物流事業は新型コロナウイルスの影響で荷動きが鈍化したため、輸配送部門が減収となったものの、冷蔵保管事業で大都市圏の旺盛な保管需要を取り込めたため、全体では前年並みの売上高40億8600万円(前年同期比0.9%減)を確保した。

冷凍設備換装工事に伴う減価償却費の増加があったものの、動力費・外注費・労務コストなどが減少したため、部門利益は29.1%増の5億8600万円となった。