[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

NECネッツ、千葉北総病院のロボ搬送試験に協力

2020年10月12日 (月)

メディカルNECネッツエスアイ(東京都文京区)は12日、日本医科大学千葉北総病院(千葉県印西市)が10月までのスケジュールで取り組む新型コロナウイルス感染症患者専用エリアへの院内搬送試験に協力し、デリバリーロボット「Relay」(リレイ)」を提供したと発表した。

同病院が専用エリア内の搬送業務にデリバリーロボットを活用することで、搬送業務の負荷低減、エリア入退場時の防護服着脱時間削減、防護服やマスクなどの消耗品の節約、医療従事者の心理的負荷の軽減――といった効果を検証し、医療現場で「人と人とが接触をしない新しい搬送方法」の検討材料とする。

NECネッツエスアイはリレイの提供のほか、運用方法の提案、導入作業、運用サポートの面で協力した。

▲搬送イメージ(出所:NECネッツエスアイ)