[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

大和ハウス、東海・北陸最大の21万m2物流施設着工

2020年10月14日 (水)

拠点・施設大和ハウス工業は14日、東海・北陸地域で最大となる延床面積21万平方メートルのマルチテナント型物流施設「DPL名港弥富」を愛知県弥富市で11月2日に着工すると発表した。2022年5月31日の竣工を目指す。

同施設は、伊勢湾岸道湾岸弥富インターチェンジ(IC)から1.4キロ、2020年度中の開通を見込む名古屋第二環状自動車道名四西IC(仮称)から6.5キロに位置し、東海・中部へのアクセスと名古屋市中心部へのアクセスに優れた立地。

建屋は幅390メートル、奥行140メートルの地上4階建てで、1フロア5万平方メートルに最大4社、施設全体で最大16社が入居可能。各階に45フィートトラックが直接乗り入れられるランプウェイを備え、1フロアに最大98台が接車できるトラックバースを設ける。

また、テナント企業の従業員向けにカフェテリアや休憩室を設けるほか、関東や関西方面から運転してきたトラックドライバーが常時交代できるよう、24時間稼働に対応する。

大和ハウス工業によると、愛知県を中心とする東海地域では、製造業やEC・通販関連の物流量の増加を背景に、マルチテナント型物流施設への需要が堅調に推移しており、なかでも愛知県は、関東・中部・関西地域をカバーできる中継物流拠点として、また、東海・北陸地域に分散する物流施設を集約する拠点として、今後も根強い需要が見込まれるという。

こうした理由から、愛知県内では小牧市周辺で活発な物流施設開発が行われていたが、伊勢湾岸自動車道や新名神高速道路などの開通により、湾岸エリアまで開発エリアが拡大。同社はこれらの状況を踏まえ、湾岸エリアで大型マルチテナント型物流施設の開発に至ったと説明している。

(出所:大和ハウス工業)

施設の概要
名称:DPL名港弥富
所在地:愛知県弥富市駒野町1-1
交通:伊勢湾岸道湾岸弥富ICから1.4キロ、近鉄名古屋線近鉄蟹江駅から10キロ
敷地面積:9万1709.86平方メートル
延床面積:21万360.92平方メートル
構造・規模 :鉄筋鉄骨コンクリート造 4階建て
設計・施工 :矢作建設工業
着工日:2020年11月2日
竣工日:2022年5月31日
総事業費:約400億円