[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

米国に地球200周分を無事故走破した運転手現る

2020年11月6日 (金)

国際米ウォルマートは現地時間5日、トラックドライバーのウォーレングリーノ氏が、同社で初めて無事故で500万マイル(800万キロメートル)を走破する偉業を成し遂げたと発表した。500万マイルは地球200周分に相当する。

グリーノ氏は、1982年2月からウォルマートのトラックドライバーを務め、これまで38年以上にわたり同社の商品を輸送してきた。

ウォルマートは、「(500万マイルという)走行距離も驚くべき偉業だが、この距離を無事故で走りきったことはさらにインパクトが大きい」とグリーノ氏の偉業達成を称賛。「彼が残した安全運転の記録は、今後何年にもわたり、トラックドライバーの安全意識に良い影響を与えるだろう」と綴った。

グリーノ氏は、「ウォルマートのトラックで走ったことのない州が、米北東部の5つしか残されていない」と嘆いているようだが、同氏はあと14か月ほどウォルマートのトラックドライバーとして働く意欲を見せており、これから17万マイル(27.2万キロ)程度を走破するという。

(出所:ウォルマート)