[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

鈴江コーポレーション、ミラハと国際物流で連携

2020年12月1日 (火)

M&A鈴江コーポレーション(横浜市中区)は1日、カタールの大手コンテナ船社ミラハと国際物流で連携していくと発表した。11月2日にMOU(覚書)を交わした。

ミラハはカタール初の上場企業を親会社に持つコンテナ船社で、首都ドーハに本社を構える。船舶運航業、物流倉庫業、ターミナル運営を柱とする総合物流事業を展開し、中東では数少ないフルコンテナ船、バルク船、フラットトップバージ(台船)、タグボートを扱うとともに、ハマド港を運営するQターミナルズ社の株主として、同商業港の管理も行っている。

鈴江コーポレーションでは「両社のネットワークを生かした国際物流の発展と、情報交換、人事交流などの連携により、相互的なビジネスチャンスを今後、拡大していく」としている。