[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

JMU、40万トン型鉱石運搬船「NSUブラジル」引渡し

2020年12月3日 (木)

ロジスティクスジャパンマリンユナイテッド(JMU)は3日、有明事業所(熊本県長洲町)で建造していた40万重量トン型鉱石運搬船「NSUブラジル」を2日に引き渡したと発表した。

NSUブラジルは、昨年12月に完工した日本初の40万重量トン型鉱石運搬船(ヴァーレマックス)の3番船で、ブラジル産鉄鉱石運搬専用船として船型を最適化。随所に省エネ技術や環境負荷低減技術が活用されている。1月から世界で施行されたSOx排出規制に対応するため、エンジンから排出されるガスから硫黄酸化物を除去するスクラバーを搭載した。

船体は全長361メートル、幅65メートル、深さ30.2メートル、喫水23メートルで、載貨重量39万9821トン、総トン数は19万7453トン。ホールド・ハッチ数は7で、リベリア船籍。