[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

沖縄県に6.2万m2物流施設、あんしんと日本GLP協働

2021年1月21日 (木)

拠点・施設シンバホールディングス(沖縄県浦添市)傘下の物流会社「あんしん」と日本GLPは21日、浦添市で延床面積6万2000平方メートルの物流施設「GLP沖縄浦添」の開発に協力して取り組むことを発表した。10月に着工し、2023年2月の完成を目指す。完成後はあんしんが一棟全体を利用する。日本GLPが沖縄県で物流施設を開発するのは初めて。

浦添市は那覇市に隣接し、浦添北道路・臨港道路浦添線の開通で物流拠点に適したエリアとして注目度が上がっている。GLP沖縄浦添は臨港道路浦添線に面し、那覇港から8キロ、那覇空港からは11.5キロと主要な物流インフラに接続しやすく、県内の広範囲に向けた搬送拠点に適している。

あんしんは、新拠点でIoT、ビッグデータ、AIを活用した「スマート物流」の実現を目指すとともに、生産性を高めつつ、従業員の働く環境を整える。日本GLPとのコラボレーションによって物流施設を開発し、県内に分散する拠点の集約も視野に入れて基幹拠点に位置づけることで、物流総合効率化法(物効法)に基づく総合効率化計画の認定も受けている。

建物は3階へのスロープを設け、2フロア(1・2階、3・4階)の効率的なオペレーションに配慮。トラックバースを1・3階に設けてブレースのない構造とすることで、搬入出効率を高める。重量物や大型パレットに対応する床荷重設定、垂直搬送機、貨物専用エレベーターの設置により、取り扱う荷物の幅を広げる工夫も取り入れる。BCP面では、高潮などへの対策として電気室を上層階に設置するほか、非常用発電を備える。

あんしんの照屋勝士社長は「コロナ禍で物流へのニーズはかつてないほどの高まりをみせており、社会にとって大切なインフラの一つだことを改めて痛感している。従来型の物流施設に限界を感じていた」と話し、日本GLPとのコラボレーションによる新拠点への期待感を示した。

■GLP沖縄浦添の概要
所在地:沖縄県浦添市牧港5
敷地面積:2万9000平方メートル
延床面積:6万2000平方メートル
構造:地上4階建て、耐震・鉄骨造
着工:2021年10月
完成:2023年2月
環境認証:CASBEE(新築)