[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

内外トランスライン、東京発カナダのCFS倉庫変更

2021年2月18日 (木)

ロジスティクス内外トランスラインはこのほど、東京発カナダ向けの輸出CFS倉庫を変更すると発表した。現在は日本通運の海運事業支店(東京)、横浜国際輸送支店、富浜保税蔵置場(名古屋)、神戸支店海運部ポートアイランド事業所に搬入しているが、今後はジャパン・バン・ラインズの大井支店と横浜支店、伊勢湾海運の金城埠頭現業所、辰巳商会のポートアイランド物流センターと南港コンテナフレイトステーションに搬入する。

適用するのは「MOL PREMIUM V.057E」で東京は19日CFS CUTの本船から。横浜は18日、名古屋は17日、神戸は16日からとなる。