[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

タイヤに路面検知システム搭載、3社が実証実験

2021年2月19日 (金)

サービス・商品ゼンリンは19日、横浜ゴム、アルプスアルパインと3社共同で、路面検知システムを搭載した「IoTタイヤ」で得たデータを地図情報と紐づけ、新たなタイヤビジネスにつなげるための実証実験を行う、と発表した。

横浜ゴムとアルプスアルパインが共同開発する先進タイヤセンサーを実験用車両に装着して路面検知を行うもので、タイヤセンサーによる路面検知情報とゼンリンの地図情報を紐付け、さまざまな路面データの分析・蓄積とシステム構築を加速させる。

具体的には、摩耗状態や空気圧不足を検知し、急勾配、急カーブ道路を避けるナビゲーションや路面凍結・陥没道路などの情報を提供することで、安全運転を支援したり、自動運転車両を制御したりといったソリューションサービスを検討、提案する。

横浜ゴムとアルプスアルパインは「今後の新たなモビリティ需要の変化に対応するためには、タイヤから得られたデータをユーザー、自動運転車両などにフィードバックするシステムや、アプリケーションの開発が重要」だとして、すでに実現しているタイヤ空気圧の検知に加え、摩耗や路面実現して取得データをデジタルツールで処理・管理するビジネスの展開を視野に入れた研究開発を2019年から行っている。