[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

フーズレック、所沢市に低温倉庫を増設

2012年11月28日 (水)
新設した低温倉庫の外観

新設した低温倉庫の外観

フードSBSグループで全国食品物流を担うフーズレック(東京都墨田区)は28日、チルド食品の全国共同配送を強化するため、所沢営業所にチルド・フローズン対応の低温倉庫を増設、21日から本格稼動したと発表した。

物流インフラを持たないチルド食品や飲料メーカー、小口多頻度配送が急増してコスト負担が増大している食品企業に向け、チルド食品共同配送サービスの強化を図った。

既存の所沢営業所倉庫(1500坪)に隣接する1400坪の低温倉庫を賃借し、合わせて3000坪規模の全国対応可能なチルド共配センターを設置。

増設した倉庫は8室の低温庫を備え、多品種少ロットのチルド食品にきめ細かく対応できる。

また、庫内全室にモニターを備え、品質管理を徹底。自社開発のWMS、トレーサビリティシステムなどと組み合わせ、受発注代行から全国配送までの食品総合物流サービスを提供する。

■フーズレック所沢営業所新定温倉庫の概要
正式名称:所沢営業所第一センター
所在地:埼玉県所沢市亀ヶ谷字谷里226-1
構造:鉄骨造2階建
延床面積:1397.13坪
[googlemap lat=”35.809191″ lng=”139.517222″ align=”undefined” width=”440px” height=”240px” zoom=”10″ type=”G_NORMAL_MAP”]埼玉県所沢市亀ケ谷226−1[/googlemap]