ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

自工会、SCサイバーセキュリティ強化を呼びかけ

2024年7月9日 (火)

荷主日本自動車工業会(自工会)と日本自動車部品工業会(部工会)は1日、「自動車産業サイバーセキュリティーガイドライン」の自己評価の実施と展開を発表した。このガイドラインは、自動車産業サプライチェーン全体でのセキュリティー対策を強化するために作成されたものである。ガイドラインの自己評価を実施し、取り引き先にも広く展開するよう呼びかけている。また、経営層向けのセキュリティー説明会も開催される予定である。

自動車産業は日々進化するサイバー脅威に直面しており、セキュリティー対策の重要性が増している。単独の企業では対応が困難なため、サプライチェーン全体での協力が必要とされる。このガイドラインは、業界全体のセキュリティーレベルを向上させ、効果的な対策を実施するためのものである。自工会と部工会は、サプライチェーンに関わる全ての企業に対し、このガイドラインを基に自己評価し、取り引き先とも協力して対策を進めることを求めている。

■「より詳しい情報を知りたい」あるいは「続報を知りたい」場合、下の「もっと知りたい」ボタンを押してください。編集部にてボタンが押された数のみをカウントし、件数の多いものについてはさらに深掘り取材を実施したうえで、詳細記事の掲載を積極的に検討します。

※本記事の関連情報などをお持ちの場合、編集部直通の下記メールアドレスまでご一報いただければ幸いです。弊社では取材源の秘匿を徹底しています。

LOGISTICS TODAY編集部
メール:support@logi-today.com