ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

商船三井、硬翼帆搭載ばら積み船2隻目が完成

2024年7月10日 (水)

ロジスティクス商船三井は10日、硬翼帆式風力推進装置のウインドチャレンジャーを搭載したばら積み船「Green Winds」が完成したと発表した。硬翼帆式風力推進装置は金属製の帆で、追い風の力を利用して推進することで、燃料の根賞によるCO2排出量を低減させるもの。

ウインドチャレンジャーは、商船三井と大島造船所が共同開発。今回の「Green Winds」は64型ウルトラマックスばら積み船で、クレーン搭載船としては世界初のウインドチャレンジャー搭載船となる。ウインドチャレンジャーにより、航路条件によってはおよそ7~16%の燃料節減とGHG(温室効果ガス)削減が期待されている。商船三井は2050年までのネットゼロ・エミッション達成を目指し、2030年までに25隻、2035年までに80隻のウインドチャレンジャー搭載船を導入する計画を進めている。今回の「Green Winds」は、この計画の一環であり、商船三井グループは今後も環境対応船隊の展開を強化していく意向を示している。

本船の概要は以下の通りである。全長199.95メートル、全幅32.26メートル、載貨重量は63,896トンであり、船籍はパナマとなっている。ウインドチャレンジャーの仕様は高さ最大およそ39.5メートル(3段式)、幅はおよそ11.4メートル、帆の材質は繊維強化プラスチックを使用している。この技術により、商船三井は持続可能な航海を実現し、社会全体の低炭素化に貢献することを目指している。

■「より詳しい情報を知りたい」あるいは「続報を知りたい」場合、下の「もっと知りたい」ボタンを押してください。編集部にてボタンが押された数のみをカウントし、件数の多いものについてはさらに深掘り取材を実施したうえで、詳細記事の掲載を積極的に検討します。

※本記事の関連情報などをお持ちの場合、編集部直通の下記メールアドレスまでご一報いただければ幸いです。弊社では取材源の秘匿を徹底しています。

LOGISTICS TODAY編集部
メール:support@logi-today.com