ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

センコー、ミャンマーに「日本流」3温度帯物流拠点

2016年10月3日 (月)
センコー、ミャンマーに「日本流」3温度帯物流拠点
空白

ロジスティクスセンコーは3日、ミャンマーで10月4日から冷凍・冷蔵・常温の3温度帯物流センターを稼働させ、「日本流の低温物流」を提供すると発表した。

同社は3月に同国で物流事業を展開しているシンガポール・ミャンマー・インベストコ社と合弁会社「SMIセンコー」を設立。合弁会社はシンガポールに本拠を置いたが、翌4月にその子会社として設立した「センコーSMIミャンマー」が新センターの運営を担う。

ヤンゴン市に開設する新センターは、ヤンゴン国際空港から4キロと近く、航空機で輸入される商品保管に適した立地が特徴。常温倉庫で機械部品や樹脂原料など、保管温度マイナス25度の冷凍倉庫では食品、3−5度帯の冷蔵倉庫では精肉・野菜・医療品、10−15度帯の冷蔵倉庫ではワイン・チョコレートなどの高額商品をそれぞれ保管・配送する。

センター内の設備や配送車両には、センコー傘下のランテックが持つ最新冷凍・冷蔵物流技術とノウハウを導入。同社は「日本流のサービスを提供することで、ミャンマーの食の安全にも寄与していく」としている。

今後は現地の物流ニーズをにらみながら、大型の3温度帯物流センターの開設を検討する。

■新倉庫の概要
所在地:ミャンマー・ヤンゴン市インセイン
延床面積:2850平方メートル(倉庫2800平方メートル、事務所50平方メートル)
倉庫の内訳:常温2100平方メートル、冷凍・冷蔵700平方メートル

この記事のその他のテーマ