ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

大和ハウス、川口市で7万m2のマルチ型物流施設着工

2016年10月21日 (金)
大和ハウス、川口市で7万m2のマルチ型物流施設着工
空白

拠点・施設大和ハウス工業は21日、埼玉県川口市でマルチテナント型物流施設「DPL川口領家」に着工すると発表した。同社が川口市で計画する、総敷地面積4万3000平方メートル、総延床面積9万8000平方メートルの物流施設2棟のうちの1棟目の建設を11月1日から開始する。

DPL川口領家は、首都高速道路川口線東領家インターチェンジ(IC)から0.9キロ、鹿浜橋ICから2.8キロと近接しており、都心まで30分とアクセスに優れることから、関東一円への当日配送などにも適している。

40フィートコンテナ車が各階に直接乗り入れることができるらせん状のランプウェイを採用したほか、施設全体で104台分のトラックバースも完備した。大型工場の跡地で24時間稼働も可能としている。また、免震構造とすることでBCP対策にも配慮した。

大和ハウス、川口市で7万m2のマルチ型物流施設着工2

埼玉県では、マルチテナント型物流施設「DPL三郷」やBTS型物流施設「Dプロジェクト和光」など34か所、総延床面積92万平方メートルの物流施設開発を手がけてきた。

今回のDPL川口領家では、インターネット通販事業者や小売業者、アジアへの配送を手がける事業者といった複数のテナント企業の入居を想定したマルチテナント物流施設として開発した。

■DPL川口領家概要
所在地:埼玉県川口市領家5-5000-2
敷地面積:3万1126.26平方メートル(9415坪)
延床面積:7万1447.73平方メートル(2万1612坪)
構造:PC造
階数:地上4階建て
着工日:2016年11月1日
竣工:2018年2月

この記事のその他のテーマ