[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

大和ハウス、静岡・掛川市で3.8万m2マルチ型着工

2020年3月16日 (月)

拠点・施設大和ハウス工業は16日、静岡県掛川市の「南西郷工業団地」で、市内最大となるマルチテナント型物流施設「DPL掛川」を4月10日に着工する、と発表した。2021年3月着工、4月入居開始を目指す。

同施設は、東名高速道路「掛川インターチェンジ」から3キロ、「富士山静岡空港」から25キロと、関東・中部エリアだけではなく、関西・北陸エリアへもアクセスしやすく、空路も活用できる立地。地上2階建ての建物は延床面積3万8615平方メートルで、1区画7190平方メートルから最大4つのテナントが入居できる。

同社と掛川市は16日に、「かけがわ防災パートナーシップ協定書」を締結しており、災害発生時の支援物資の一時保管や集積場所として同施設を活用することが決まっている。

(出所:大和ハウス工業)

施設の概要
名称:DPL掛川
所在地:静岡県掛川市南西郷1315-1他
交通:東名自動車道「掛川インターチェンジ」から3キロ
建築面積:1万9350.19平方メートル(5853.43坪)
敷地面積 :4万4253.9平方メートル(1万3386.8坪)
延床面積 :3万8615.08平方メートル(1万1681.06坪)
賃貸面積:3万4209.69平方メートル(1万348.43坪)
1階の賃貸面積:1万8364.85平方メートル(5555.37坪)
2階の賃貸面積:1万5844.84平方メートル(4793.06坪)
賃貸条件:最大4テナント、1区画7190.79平方メートル(2175.21坪)から
構造・規模:鉄骨造、耐震構造、地上2階建て
高さ:16.85メートル、幅:20.75メートル、奥行き:97.7メートル
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主:大和ハウス工業
設計・施工:大日本土木
着工:2020年4月10日
竣工:2021年3月
入居:2021年4月
総投資額:65億円