ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

プロロジス、神戸テクノロジパーク内にBTS型物流施設建設

2016年11月29日 (火)
プロロジス、神戸テクノロジパーク内にBTS型物流施設建設
空白

拠点・施設プロロジスは29日、神戸テクノ・ロジスティクスパーク内に特定企業専用(BTS型)賃貸物流施設「プロロジスパーク神戸4」を建設すると発表した。

プロロジスパーク神戸4は敷地内に特定企業専用(BTS型)の賃貸用物流施設2棟を建設するもので、延床面積は2棟合わせて5万2000平方メートルから6万9000平方メートルを想定する。

山陽自動車道神戸西インターチェンジから1キロ近く、山陽道を経て全国に広がる広域幹線網に直結し、西日本を広域にカバーできる物流拠点となる。また、神戸電鉄粟生線木津駅にも近接しており、神戸中心部から28分でアクセスできるなど、通勤利便性が高いほか、周辺には住宅地が多数あるため雇用確保にも優れる。

▲「プロロジスパーク神戸4」(写真下部赤の囲み)、「プロロジスパーク神戸」「プロロジスパーク神戸2」「プロロジスパーク神戸3」敷地

▲(写真下部赤の囲み)「プロロジスパーク神戸4」、(写真上部青の囲み)「プロロジスパーク神戸」「プロロジスパーク神戸2」「プロロジスパーク神戸3」敷地

施設設計は入居企業の業態やニーズに合わせて行い冷凍冷蔵倉庫、危険物倉庫の併設、重量物対応の床荷重、庫内空調など多様な物流ニーズに応える。

■プロロジスパーク神戸4概要
所在地:神戸市西区見津が丘(神戸テクノ・ロジスティクスパーク内)
敷地面積:3万3000平方メートルを二分割
延床面積:2棟合計5万2000平方メートルから6万9000平方メートルを想定
構造:地上4階建て
着工:2017年
竣工:2018年

この記事のその他のテーマ