[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

全6地区9.1ヘクタール完売

豊川大木地区工業用地、タカラ梱包輸送が倉庫建設

2015年2月18日 (水)
豊川大木地区工業用地、タカラ梱包輸送が倉庫建設

(出所:豊川市)

拠点・施設愛知県豊川市は18日、豊川大木地区工業用地でタカラ梱包輸送(同市)の進出が決定し、6区画すべてを完売した。同工業用地は東名豊川ICから4.5キロで開発面積13.1ヘクタール、全6区画の合計分譲面積は9.1ヘクタールとなっている。

13年2月から分譲を開始し、これまでに5社が工場の設置を決めていた。タカラ梱包輸送は0.7ヘクタールの用地に物流倉庫を建設する計画。