ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

まずは業務車両・公用車500台をIoT化

ゼンリンDC、混雑統計IoTにビッグローブが参画

2015年9月3日 (木)

ECゼンリンデータコム(東京都港区)は3日、同社が展開する「混雑統計」のIoTサービスに、ネットワークパートナーとしてビッグローブが参画すると発表した。

ゼンリンDC、混雑統計IoTにビッグローブが参画

(出所:ゼンリンデータコム)

第一弾として、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の委託研究に採択された「はたらく車プロジェクト」で連携を開始した。

自治体の公用車、バスなどの公共交通の車両、事業者の業務用車両などに、位置情報などをリアルタイムに取得するセンサーを設置。取得したソーシャル・ビッグデータを積極的に利活用するための技術・サービスを開発し、道路などインフラの維持管理の効率化や自治体業務の高度化、市民サービスの向上、都市計画・交通計画などの高度化を図る。

公用車などからリアルタイムで取得されたデータを解析することで、道路の路面性状(凸凹)を観測。定期的に路面の損傷状況を把握してより効率的な道路管理や修繕計画の高度化につなげる。

また、車両の走行ルートなどと自治体保有データを掛け合わせ、都市計画の高度化など公用車ビッグデータ活用による効率的な都市経営の実現に向けたデータ利活用モデルの構築と社会実証を行う。

2014年から兵庫県加古川市など複数のフィールドで研究活動を行ってきたが、今秋から加古川市の400台近くある、ほぼすべての公用車にセンサーを設置し、公用車のIoT化を図る。同市以外にもフィールドを拡大し、公用車500台規模で実証活動を進めていく。

プロジェクトでは、センサーにビッグローブが提供するデータSIMを利用するほか、小型専用端末も設置するなど、ビッグローブのIoT端末との連携も行う。

ビッグローブはMVNO事業者として、「はたらく車プロジェクト」にモバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」を提供し、500台の公用車向けセンサーで取得したデータをリアルタイムで混雑統計IoTプラットフォームに送信する。

IoT端末としては、Android OSを搭載した小型端末「BL-01」を提供し、センサーで道路の舗装状況や位置情報データの取得を行う。小型IoT端末「BL-01」は9月下旬から企業向けに開発・検証用として限定販売を開始する。